院長挨拶

院長挨拶

伊予病院のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

私たちは、病院の基本理念に基づき、「暮らしを支えるリハビリテーション医療」の実践をめざしております。私たちが実践しているリハビリテーション(以下リハビリ)とは、ただ一定の期間訓練する事とは異なり、患者さんやご家族の暮らしを中心に考え、医学的視点、機能・活動的視点、心理・社会的視点を持って取り組むことです。当院では、医師、看護師、介護士、セラピスト(リハビリを行う理学療法士等)、医療ソーシャルワーカー(相談員)、薬剤師、管理栄養士等がチームを組みます。チームでリスクや合併症管理を行い、疾患特性に応じて、患者さんの心身機能を最大限に高め、社会参加や在宅生活へと支援することを目標にリハビリを行っています。そのため、最新で質の高いリハビリ技術を提供するために、スタッフ教育を充実させています。また、人としての思い、気持ちがなければ、良い技術も伝わりません。常に寄り添う心をもち、笑顔でコミュニケーションをはかることも心がけております。この地域で、「ひとりひとりの可能性を最大限に伸ばし、そのひとらしく、輝ける暮らしができる」ために、より質の高いリハビリ医療の提供を目指し、スタッフ一同が日々努力していく所存です。今後とも、皆様のご支援をよろしくお願い致します。