委員会活動

委員会組織図

委員会活動

  • 防災委員会
    定期的に実施する防災訓練の計画・実施を行い災害時の避難・傷病者の応急処置・搬送方法を指導し防災意識向上に努めています。また、毎月の防災ラウンドと防災管理評価を行い、火災原因の除去に努めています。
  • 教育・接遇委員会
    利用者さんへのアンケート調査結果やご意見を分析し、接遇改善やサービスの向上に努めています。また、職員の資質向上の為に全体勉強会や年に一度の研究発表会を企画運営しています。
  • 備品・リネン委員会
    リネン類や医療機器・ベッド・車椅子・歩行器など必要な方に安全に使用していただき、また迅速に対応できるよう管理を行っています。
  • 音楽療法委員会
    歌を楽しみつつ、認知症予防と身体的心理的残存機能維持促進を目指しています。音楽療法が少しでも効果的になるように、利用者さんの様子を観察記録しています。委員は目を通し音楽療法士に音楽療法時だけでなくそれ以外の様子や入退所に関する情報提供をし、協力してより良い音楽療法を目指しています。
  • I-labo会
    療養棟や通所を利用されている利用者さんに対して生活の中で困ったことがあった際、依頼があれば適宜解決するために、ハード面、ソフト面からの視点から考慮し問題解決に努めています。
  • 安全管理委員会
    報告書をもとに分析・評価し、傾向と対策の周知を行っています。安全意識の向上を目的とした全体勉強会の実施及び研修受講を推進し教育や啓蒙活動を行っています。
  • 感染対策委員会
    勉強会や研修参加を通じて標準予防策の徹底を図っています。感染症流行前に予防策を実施、感染症発生時には感染拡大防止策の早期実施に努めています。
  • NST委員会
    1回/月委員会を開催し、摂食嚥下について個々に合った食形態を検討し安全に美味しく食べて頂けるようサポートします。また、褥瘡を形成することのないようポジショニングに注意し、皮膚トラブルのないようにスキンケアを提案します。
  • 排泄委員会
    療養棟・DCごとの年間目標を設定・実施・評価を行っています。排泄に関する問題を検討しながら用具の使用方法や排泄介助の手技の指導を行っています。
  • レク・広報委員会
    一年を通して季節を感じることのできる行事や、日々の生活の中でレクリエーションを介して体を動かしたり利用者さんへのリハビリに繋がる活動の提供に努めています。また、情報提供誌「やくらだより」を年4回利用者さん・ご家族さんや地域へ発信しています。
  • 看護師会
    看護業務を見直し、業務が円滑に行えるよう課題の抽出・検討・対策作りを行っています。マニュアルの改訂を定期的に行い時代に即した統一したケアができるように活動しています。
  • プリセプ支援チーム
    新人職員向けのマニュアル・様式の修正を行いながら、新人職員の指導を行っています。また、新人職員の進歩状況を報告、問題点の改善案などを検討しています。
在宅支援会
老人保健施設伊予ヶ丘は、施設とご利用者ご・家族が一体となって、計画的で安心感のある在宅復帰を支援する取り組みを行っています。当施設のベッドシェアリングをはじめ、利用者と介護者の在宅生活負担を少しでも軽減できる仕組みを考えていくのがこのチームの役目です。伊予ヶ丘では、一度関わり始めた方には「一生涯、最期まで支援します」と宣言し、ご利用者・ご家族に安心感をもってもらう方針としております。「レスパイトの保障ができる」「気楽に介護ができる」「介護の年間計画がたつ」「仕事や趣味が継続できる」在宅生活となるように、そして、ご家族の精神的支えになれるように努力してまいります。